山口津香沙(やまぐちつかさ)気象予報士

誕生日1983年7月21日
出身地富山県
趣味、特技パン屋さん巡り、ジョギング、読書(道尾秀介さん作品は全部制覇)、出会った人の第一印象をすべて覚えている事、当たらない利き酒
出身校早稲田大学
前職放送局にて気象センターAD業務

気象予報士登録

2008年10月

現在の仕事(レギュラー)

テレビ朝日気象デスク

プロフィール

富山県高岡市出身。大学在住中に“ミスインターナショナル”日本代表のファイナリストに2年連続で選ばれる。親善活動を通して世界の人たちと交流する中で、日本の四季の美しさを実感。
大学卒業後、季節や空の移り変わりを表現したいと気象予報士の資格を取得し、北海道文化放送で気象キャスターとして活動。災害現場や、その上空からのリポートを経験。
2013年に拠点を東京に移し、テレビ東京などに出演。気象災害や二次災害を防ぐことを第一に活動中。

好きな天気

「七色に色づく雲、彩雲」
雲の一部にピンクや緑などの色がついて見える、彩雲。
光の屈折による現象で、昔から縁起がよいと考えられてきました。
雲が大好きで沢山の図鑑を手に空を眺めていますが、彩雲は、雲に虹を写し出したような特別な美しさがあります。

過去の実績

【出演】
北海道文化放送「UHBスーパーニュース」(’11~’13)
フジテレビ「スーパーニュース」
NEXCO東日本「ドライビングウェザー」 (’13~’14)
テレビ東京「TXNニュース」(’14~’15)、「ニュースアンサー」

ページ上部へ