山田真実(やまだまさみ)気象予報士、防災士

誕生日1975年8月16日
出身地富山県
趣味、特技AMラジオを聴く、黒四ダム、虹の仕組みの勉強、紅茶、読書、リバウンド
出身校富山商船高専 電子制御工学
前職テレビ・ラジオのディレクター
その他の資格自動二輪、2級小型船舶免許証

気象予報士登録

2018年3月

現在の仕事(レギュラー)

【気象予報業務】

プロフィール

ラジオとテレビが好きで放送局に就職し、主に夕方の報道番組や朝のラジオワイド番組を担当。2013年に交通事故に巻き込まれ、両足の骨を粉砕。長期入院リハビリ後に退社し、外国の放送局を巡る旅に出る。
アラブ首長国連邦に滞在中、東京のプロデューサーから「天気番組のディレクターをしないか」と誘われ帰国。1年10ヵ月の天気番組担当中に気象予報士資格を取得。天気の分野からテレビやラジオに関わるため、2018年よりウェザーマップに所属し、気象予報士として活動中。

好きな天気

・「鰤起こし」
富山で生まれ、金沢で長く働いていたので雷といえば冬!
非常に恐ろしい雷ですが、季節の変わり目を感じます。

・「北陸に初雪が降る前夜(の香り)」
初雪が北陸に降る前のにおいが分かります。

過去の実績

小学生を主役にしたラジオ番組で、若手制作者による番組コンテストでグランプリと特別賞を受賞。

ページ上部へ