気象衛星データ利用技術の国際ワークショップ「RGB Experts and Developers Workshop 2017」で高野雄紀が発表

ひまわりG画像  (C)WeatherMap

11月7日(火) 〜9(木)に気象庁で開催される「RGB Experts and Developers Workshop 2017」で、高野雄紀が発表を行います。

本ワークショップは、気象衛星から得られた数種類の観測バンドのデータを処理してわかりやすく表示したカラー画像「RGB画像」の利用技術に関して、海外及び国内の専門家、技術者が意見交換を行う場です。
5年ごとに開催され、今回は日本の気象庁(JMA)、 欧州気象衛星開発機構 (EUMETSAT)、世界気象機関(WMO)が主催となります。


RGB Experts and Developers Workshop 2017
Tokyo, Japan, 7-9 November 2017

Workshop Objectives:
1. Review of existing RGB composite standards
2. Application of RGBs using new-generation imagers
3. Demonstrating the value of RGBs in context (NWP, products)
4. Compilation of demonstration and training material
5. Exploring new standards for satellite-based composites

発表日時:11/9(木)11:30〜
セッション:Potential standards for other composites
タイトル:RGB in Broadcast Meteorology, AHI Imagery for Weather Commentary on Clouds
会場:気象庁講堂(千代田区大手町1-3-4)

*英語での発表です

お知らせトップへ

ページ上部へ