気象衛星ひまわり独自カラー画像に関する論文 気象学会機関誌『天気』に掲載

株式会社ウェザーマップでは、ひまわり8号の従来のカラー画像の弱点を解消した独自カラー画像を開発し、新たな気象情報サービスの提供を行っています。このたび、日本気象学会機関誌「天気」2018年2月号(Vol.65, No.2) にひまわり8号カラー画像に関する論文を投稿し、掲載されました。 

日本気象学会のサイトにて、PDFで公開されています。ぜひお読みいただけましたら幸いです。

また、本研究に関連し、2018年5月16日(水)~ 19日(土)つくば国際会議場にて開催される日本気象学会春季大会で、ポスターセッションを行います。


himawari8_g

 

「天気」2018年2月号(Vol.65, No.2)

タイトル:雲に着目した気象解説に適するひまわりRGB合成画像の考案

全文PDF: http://www.metsoc.jp/tenki/pdf/2018/2018_02_0025.pdf 

著者:高野雄紀(東京大学大気海洋研究所)・渡邊正太郎(株式会社ウェザーマップ)

 

関連記事:

ウェザーマップ、宇宙から紅葉を鮮やかに見ることができる 新しい気象衛星画像を独自開発

気象衛星データ利用技術の国際ワークショップ「RGB Experts and Developers Workshop 2017」で高野雄紀が発表

お知らせトップへ

ページ上部へ